tabi × café

不定期更新。海外旅メインのゆる~いブログです。

【バスク地方】世界でいちばんお気に入りの場所(今のところ)

コロナウィルスの影響で、海外旅行を自粛している今日この頃。

とにかく早く終息してほしい。(切実😱)

さて、引きこもりが続いておりますので、これまで行った場所で私史上暫定1位の旅先をご紹介したいと思います。

この場所に行くまでは、フランス・シャンパーニュ地方のランスが1位でしたので、今後変わる可能性がありますが、今のところ一番オススメの場所でございます。

さてそれは、、、

バスク地方!!

声を大にして言いたい!

それは、、、

バスク地方!!!

はい、ボルドーバスク旅編(ダイジェスト版)行ってみよう😊

 

***

 

まずバスク地方ってどこ?っていう方のためにザッと説明すると、フランス南西部とスペインの国境あたりにある地域です。

パリからTGVで5〜6時間くらいかかります。

そんなバスク地方美味しいらしいということで、2018/6/3〜2018/6/13にボルドー経由でバスク地方に行ってまいりました。

福岡→エバー航空台北エバー航空→早朝パリ着で、そのままモンパルナス駅に移動し、まずはTGVボルドーを目指しました。

TGVの席はあらかじめ日本で手配済み。

6/4の昼過ぎには、ボルドー サン・ジャン駅に到着。

ボルドー🍷

この日のボルドーは、あいにくの大雨でした。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193914j:image

この旅で初めてAirbnbを利用。

ボルドー サン・ジャン駅からトラムで宿まで移動し、大雨の中ずぶ濡れでなんとかたどり着きました。

この時実感したのは、Airbnbは個人宅なので見つけるのが大変だということ💦

さらに大雨で、wifiも使えなかったのですごく大変でした。

が、初めてのAirbnbはとても快適。

立地がちょっと中心部から離れましたがトラムで難なく移動でき、ホストがとても親切でした😊

ボルドー初日はホストとスーパーに買い物に行ったり、洗濯させてもらったりして過ごしました。

そして、翌日からボルドー散策開始。

f:id:chat0n_v0yage:20200314222059j:image

Le Bar à Vinに行って美味しいボルドーワインを飲みながら、アメリカ人女子と過ごしたり、

f:id:chat0n_v0yage:20200314222255j:image

ボルドー名物カヌレを食べたりしました。

ボルドーで2泊して、次に向かったのは、、、
f:id:chat0n_v0yage:20200306193307j:image

バスク地方バイヨンヌ。1時間45分の鉄道旅。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193410j:image

バイヨンヌでもAirbnbに宿泊。

旧市街のど真ん中のアパルトマンでした!
f:id:chat0n_v0yage:20200306193854j:image

バイヨンヌの街並みはとっても可愛らしく、お散歩するのが楽しい🎵
f:id:chat0n_v0yage:20200306204324j:image

宿のすぐ近くの屋内マルシェを覗いてみたり、
f:id:chat0n_v0yage:20200306193824j:image

バイヨンヌの生ハムサンドウィッチを頬張ったり、
f:id:chat0n_v0yage:20200306195936j:image
素朴なガトー・バスクを買い食いしたりしました。

翌日はバスでビアリッツまで足を伸ばし、
f:id:chat0n_v0yage:20200306193311j:image

すっごく綺麗な景色に癒される〜!

住みたいっ!!
f:id:chat0n_v0yage:20200306193242j:image

有名なショコラティエでおやつを買って、
f:id:chat0n_v0yage:20200314222832j:image

この日は暑かったので、グラシエでアイスを買ってクールダウン。

確かさくらんぼとヨーグルト味。

いくつか味見もさせてくれました。

さらに翌日は、バイヨンヌからバスに乗ってサン=ジャン=ド=リュズへ。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193254j:image

バスクリネンのお店でお土産を物色したり、

f:id:chat0n_v0yage:20200306193949j:image

ビーチを散策して過ごしました。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193850j:image

サン=ジャン=ド=リュズの街はコンパクトで、ゆったりとした時間が流れていました。


f:id:chat0n_v0yage:20200306193811j:image

バスク地方といえば、エスパドリーユ。

この旅では買いませんでしたが、日本に帰ってユニクロでなんちゃってエスパドリーユを買いました(´∀`*)
f:id:chat0n_v0yage:20200306193325j:image

サン=ジャン=ド=リュズの街中を走るプチトラン。

お年寄り率が高いような。。。汗
f:id:chat0n_v0yage:20200314222643j:image

大好きなAmorinoでアイスを食べて、バイヨンヌに帰りました。

バイヨンヌ最終日は老舗ショコラティエChocolat Cazenave(カズナーヴ)のサロン・ド・テで、ふわっふわのショコラ・ムスーを。
f:id:chat0n_v0yage:20200314222451j:image

味はすっかり忘れてしまいましたが、秒で飲み終わった気がする。

ちなみに、可憐なバラの食器はリモージュ焼き。

このショコラ・ムスーができるのを待っている間も飲んでいる間も、地元客と思われるマダムがチョコレートを買いに来ていました。

いいなぁ、地元に素敵なショコラティエがあって。。。

バイヨンヌに3泊した後は、バスに乗ってスペインバスクのサンセバスチャン(バスク語ではドノスティア)へ移動。

この旅の最終目的地。

f:id:chat0n_v0yage:20200314203612j:image

バスが遅れてきたのですが、フランス人のマダムたちとおしゃべりして時間を潰しました。

この旅で初めてFlix Busを利用。

これ以降、ヨーロッパ旅で移動するときよく使う交通手段のひとつになります。
f:id:chat0n_v0yage:20200314203609j:image
バスに揺られること1時間ちょっとで、サンセバスチャンに到着。

またまたあいにくの雨でした。

サンセバスチャンでも宿はAirbnb

2泊泊まりましたが、後にも先にもサンセバスチャンのAirbnbが一番最悪でした。。。

気を取り直して、旅の目的「食い倒れ&飲んだくれ」のバル巡りスタート!!

ここからは、美食の街サンセバスチャンの飯テロをお送りいたします🤤🤤🤤
f:id:chat0n_v0yage:20200306193420j:image

サンセバスチャン名物チャコリ。

この旅で何度「Txakoli, por favor!」を発したことか。

スペイン語を覚えた旅でもありました。

サンセバスチャンのバルで食べた一発目がこちら。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193343j:image
隣のシンガポール人たちが食べていて美味しそうだったので、牛肉の煮込みを注文。

肉がほろほろで柔らかかった!

ほっぺた落ちた。

f:id:chat0n_v0yage:20200306204406j:image

違う店に移動して食べたカニのなにか。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193302j:image

このハムのミニサンドウィッチも美味だった。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193829j:image

あー、バル好き❤️

f:id:chat0n_v0yage:20200306204505j:image

バル3軒目で食べたミートボールもグッド👍
f:id:chat0n_v0yage:20200306193423j:image

このクリームコロッケもアツアツで美味しかったなぁ。。。
f:id:chat0n_v0yage:20200306195454j:image

店を移動してエビのなにかを食べた。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193316j:image

私:おじさん、Txakoli, por favor!

おじさん:Si!

f:id:chat0n_v0yage:20200306204618j:image

腹ごなしにお散歩。

f:id:chat0n_v0yage:20200306204800j:image
アイス食べたり、
f:id:chat0n_v0yage:20200306193919j:image

バスクチーズケーキ食べたり。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193347j:image

私:お兄さん、Txakoli, por favor!

お兄さん:Si!
f:id:chat0n_v0yage:20200306193403j:image

ミニステーキも美味しかったなぁ。

塩だけのシンプルな味付けで、こういうのが良いんだよなぁ。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193924j:image

このエビの天ぷらは、衣が厚かった。。。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193839j:image

別のバルで自家製サングリアを注文したら、サラミをサービスしてくれた!

おっちゃん、グラシアス!!
f:id:chat0n_v0yage:20200306193944j:image

酔い覚ましにアイスを食し、
f:id:chat0n_v0yage:20200306193845j:image

公園でひと休み。
f:id:chat0n_v0yage:20200314223140j:image

ビーチに行ったり、
f:id:chat0n_v0yage:20200306193331j:image

違うビーチに行ったりして過ごしました。
f:id:chat0n_v0yage:20200306193858j:image

そしてとうとう帰る日になり、バスク鉄道でフランス側まで移動し、5時間くらいかけてTGVでパリへ。

さよならバスク地方

必ずまた来ます!

f:id:chat0n_v0yage:20200306193350j:image

パリで1泊して帰国。

以上、バスク地方ダイジェスト版をお送りいたしました!

痛風になるリスク覚悟で、バスク地方を旅してみてはいかがでしょうか?笑

À bientôt 🤗