tabi × café

不定期更新。海外旅メインのゆる~いブログです。

【フランス ブルゴーニュ地方】Plats du jour au choix(本日の日替わり定食)

あー!フランス行きたい!

台湾行きたい!鼎泰豊行きたい!!

というわけで、、、

先日リニューアルオープンした紅蘭亭に行きました。笑

高級感漂う雰囲気で一瞬ビビりましたが、、

f:id:chat0n_v0yage:20200523200428j:image

私以外の先客は1人だけ。

お昼休憩が16時くらいの変な時間だったので、この広い店内をほぼ独り占め😀

そして注文したのは、、
f:id:chat0n_v0yage:20200523200417j:image

叉焼炒飯(880円)と、
f:id:chat0n_v0yage:20200523200422j:image

菜肉包子(660円)。

炒飯は上品なお味で、某王将の油がギトギトしたチャーハンとは違うなぁ。

肉まんもカラシとタレをつけて美味しくいただきました。

さて今日は、フランス・ブルゴーニュ地方の街ボーヌでランチした時のお話。

フランスといえば、グルメ。

グルメといえば、フランスなので、、、

カフェとかレストランで使うフランス語もちょっぴり取り上げてみたいと思います🤓✨

さて、ご飯屋さんで使えるプチフランス語講座スタート!

On y va!!

 

***

 

2017年3月某日。

ボーヌに着いたのがお昼13時をまわっていたので、お腹ペコペコ。

しかもお目当のMarché aux Vins(ワイン市場)は、お昼休みでクローズ中。

というわけで、まずはご飯を食べることにしました。

まったくノープランで、初めての街だったのでMarché aux Vins(ワイン市場)近くの適当なお店に入店。

f:id:chat0n_v0yage:20200518234608j:image

入ったのはこのお店。

メニューを見て、お得なPlats du jour au choix(本日の日替わり定食)を注文。

フランスのご飯屋さんでは「Plats du jour(本日の定食)」がお得なのでオススメ。

注文する時まずは、

①Entrée(前菜)+Plat(メイン)

②Plat(メイン)+Dessert(デザート)

③Entrée(前菜)+Plat(メイン)+Dessert(デザート)

の組み合わせのいずれかを選びます。

さらに、それぞれ5〜6種類くらいの料理の中から選べることが多いのですが、料理名の後ろに「+€1」とか書いてある場合は、その料理は1ユーロ追加になるよ!という意味です。

やたらと長い料理名が書いてあったりするのですが、食材とか調理法なんかの組み合わせがほとんど。

飲み物は「une carafe d'eau, s'il vous plaît. (カラフのお水ください。)」と言えば、カラフとか空き瓶に入った水道水(無料)を持ってきてくれます。

もちろんeau gazeuse(ガス入りの水=炭酸水)とか、vin rouge(赤ワイン)とか、vin blanc(白ワイン)とか頼んでもOK!

で、私がこの日のPlats du jour au choixから選んだのはメインとデザート。

f:id:koko2017:20170414155923j:image

メインはSteak Frites(ステーキ+フリット)を注文。

お皿からはみ出しそうなお肉と大量のポテトで、なかなか食べ応えがある一皿でした。

これだけで、すでにおなかいっぱい💦

フランスのステーキって、肉!って感じで肉肉しい🍖🍖🍖

フリットも芋!って感じで、芋の味が濃い気がします🍟🍟🍟

そしてデザートはアイスクリームを選んだはずが、、、

f:id:koko2017:20170416211019j:image

Poire au Vin Amandes Grillées(洋ナシの赤ワイン煮とグリルしたアーモンド)が出てきました。

指差したところが、ちょっと違ってたかも。。😅

ちなみに、フランスで何か注文するときは、指差しながら「Je prends ça.(これください。)」と言えば大概OK!

読み方は「ジュ プゴン サ!」です。

フランス語の「r」はうがいする時みたいな音なので、「プロン」より「プゴン」の方が近いと思います、

ところで、洋ナシの赤ワイン煮は初めて食べましたが、これはこれで美味😋😋

アーモンドが香ばしくて良いアクセントになっていました。

赤ワインはあまり好きじゃないけど、このデザートはそんなに主張してなかったので私でも食べられました😀

盛り付け方が、なんともフランスっぽいですよね。

ちなみに、フランスではよく食後にun café(エスプレッソ)を飲んで終わります。

garçon(サービス係の人)に「Un café, s’il vous plaît!(カフェお願いします!)」と言えば持ってきてくれますが、日本みたいに「スミマセェエエエーン!!」と大声でアピールするのはちょっと恥ずかしい行為です。笑

お会計は「L'addition, s'il vous plaît.(お会計お願いします。)」と言えば、伝票とかお金を置く皿とか持ってきてくれるので、席で精算するのが一般的。

フランスのレストランでは英語も通じます(かなり田舎は分かりません、、)が、ちょこっとでもフランス語を使って注文してみるとお店の人の反応が良くなったりする気がします😀

(いちいち気にかけてくれる、とか。笑)

あ゛ーぁあ、食べ物の写真見てたら、お腹すいてきた〜! !

À bientôt 🤗