tabi × café

不定期更新。海外旅メインのゆる~いブログです。

【フランス南西部&スペインバスク地方】ボルドーからフレンチバスクの街バイヨンヌへ

最近、某無料動画配信サイトGYAO!で観られる「アウトブレイクー感染拡大ー」というドラマが流行っていますよね。(私の中で。笑)

舞台はカナダ・モントリオール

なので、登場人物たちはフランス語話すんですよ。

かつてパリに住んでいた時、ケベックのフランス語はなまっていると聞いたことがありますが、私には違いが分からないのでフランス語の勉強がてら観ています。

ちなみに、内容がかなりタイムリーでいつも続きが気になる終わり方をします。

見逃した第一話が悔やまれる〜。

本題とは全然関係ないですが、フランス語つながりということで、、

では早速、ボルドーからフランスのバスク地方に移動した時のお話を書いていきたいと思います😊

 

***

 

2018/6/3〜2018/6/13の11日間で、フランスのボルドーバスク地方(フランスとスペインをまたがる地域)を旅しました。 

f:id:koko2017:20180608013854j:image

ボルドーからフレンチバスクの拠点にしたバイヨンヌまではTGVで移動しました。

所要時間はおよそ2時間くらい。

車内はwifiも繋がり、とっても快適でした。

私は、フランスを鉄道で旅するのが大好きです。

車窓を流れるのどかな田園風景は心が癒されるし、他の乗客を観察するのも楽しいです。(変な意味ではありませんよ。。)

バイヨンヌに着いたら、wifiを求めてoffice de tourismeに行きました。
f:id:chat0n_v0yage:20200803192451j:image
調べていた場所と違ったのでちょっと迷いましたが、なんとか辿り着きました。

では、おじゃましまーす!
f:id:chat0n_v0yage:20200803192410j:image

office de tourismeではfree wifiが使えたので宿までの行き方などを確認し、スマホのバッテリーをチャージしました。

そのあとは、街の地図をもらい、ビアリッツ&サンジャンドリュズへの行き方を教わり、スペインバスクの街サンセバスチャンまでのバスの予約方法も教えてもらい手配しました。

情報をゲットしたあとは、早速宿へ。

あらかじめ調べておいた地図を見ながら向かいましたが、近くまで来ているはずなのに場所が分からず。。。

同じところをうろうろしてしまったので、地元の可愛い女子達に声をかけ道を聞いたら案内してくれました。

f:id:chat0n_v0yage:20200803192620j:image

バイヨンヌで予約したAirbnbの宿は街のど真ん中。

なのに3泊で11,738円!

バイヨンヌは総じて宿代が安めだったように思います。

ただ予約した宿は最上階のエレベーター無しだったので、荷物を持って階段を上りなんとか到着。

ホストはお父さんがスペイン人というスペイン系フランス人のムッシュ

ちなみにこの家は、ムッシュの一人暮らしでほとんど家にいないので気を使うことなく快適でした。笑

ホストに台湾土産を渡し、宿に荷物を置いて街を散策。
f:id:chat0n_v0yage:20200803193912j:image

バイヨンヌは、プチバイヨンヌとグランバイヨンヌに分かれています。

詳細はあまり覚えていません。汗

が!
f:id:chat0n_v0yage:20200803193554j:image

とにかく街がコンパクトで可愛い😍

バスク地方独特の文字のフォントがあちこちに見られ、パリとか他の都市とはちょっと違った雰囲気が漂っていました。
f:id:chat0n_v0yage:20200803193557j:image

のどかでゆったりとしていて、観光客は少な目?

居心地がが良くて一瞬で気に入りました!

À bientôt 🤗